Tiera Sol Mar
誕生のストーリー

  • 「施設らしからぬ施設」

    弊社は、茨城県にて有料老人ホームを3施設営んでおります。開設当初から、良い意味での「施設らしからぬ施設」を目指しています。「施設らしからぬ施設」を目指す上で着目したのが、私の幼少のころから持っていた施設のイメージを拭い去りたいというという点でした。 それは臭いと汚れです。 たとえ毎日欠かさず掃除をしたとしても、356日24時間稼働している施設には臭いも汚れも蓄積し、なかなか落としきれないのが当たり前、いつのまにか私自身まで仕方のないことなのだと思い込んでしまっていました。

  • 「有害な洗浄剤を
    使用しなければ・・・」

    もしも「蓄積」された臭いや汚れを落とすとなると、有害な洗浄剤を使用しなければならないですし、さらにその洗浄剤の悪臭がなくなるまで洗浄箇所は立ち入り禁止にしなくてはならなくなったりもします。 弊社もその点は開設当初より気にかけ、時にはクリーニング専門として人員を配置したこともありました。しかしながら、ご想像の通り、なかなか思うような効果も現れず、経費と時間だけを浪費し続けておりました。

  • 「運命の巡り会い」

    そんな悩みを抱えた日々の中、あるきっかけで、主に化粧品などの美容製品の製造をしていらっしゃる企業と巡り会いました。 非常に志が高く、他社にはない製法であること、そして何より「全ての製品は人間に無害である」ことでした。 私は業種が異なることもあり、失礼であることを承知で悩みを打ち明けてみました。幸いにも非常に関心を持っていただき、なんと「臭いと汚れ」を落とすための製品開発にご協力いただけることになったのです。

「ひどい悪臭・・・その原因は?」

そして試行錯誤の末、ついに「蓄積された臭いと汚れを落とす、人間に無害な洗剤」ティエラソルマールが完成しました。 臭いが落ちる、汚れが落ちる、人間に無害、三拍子揃った新製品を早速試してみることにしました。しかし使ってみるとなんとも「ひどい悪臭」。正直戸惑いました。原因はなんなのか製造にご協力いただいた方に直接お伺いしてみると、「無臭にするためには最初に染み付いていた臭いが全て外に出る」とのことです。 製造元様のいう通り、「ひどい悪臭」が出るのは最初の数回だけ、使用し続ける内に不思議と悪臭はなくなっていきました。それどころか完全な無臭状態に! 使用当初にひどい悪臭がしたら臭いが消えていく証拠です。

  • 「完全な悩みの解消と驚き」

    さらにこの製品の驚くことに、使用頻度がどんどん少なくなるのです。理由としては製品を使用した箇所や物には抗菌防臭作用が働き、「臭いと汚れ」自体がつきにくくなるのです。抗菌防臭作用は使えば使うほど強固なものになり、自然と清掃回数、清拭回数が少なくなってくるのです。弊社のスタッフはもちろんのこと、施設に訪れるご利用者様のご家族やご親類の方々、施設への見学で訪れるお客様も臭いの無さや清潔さに大変驚かれ、喜ばれております。

「同じ悩みを
抱えていらっしゃる事業者様へ」

このように少なからず私と同じような悩みを抱えていらっしゃる施設運営の方、または施設で働いていらっしゃるスタッフの方がいるかと思います。どれだけ清掃しても汚れの落ちない福祉用具、構造上の理由で建物の換気が困難な施設、重篤患者様の利用が多く、薬剤等の臭いでお困りの施設、全ての施設に対応できる仕様になっております。 また、人手不足による加重労働が余儀なくされる昨今、ティエラソルマール製品を使用し続けることで毎日のスタッフのお仕事が必ず軽減されていきます。もちろん経費面でも、初期費用こそ他社製品より高く感じるとしても、上記の通り使用頻度が少なくなっていくわけですから購入スパンが長くなっていくことと思います。しかし、実際にご自身で使用し、実感してみないと判断の有無ができないことも重々承知しております。お気軽にお問い合わせいただければサンプルのご用意もいたします。 ぜひ一度使用してみてください。必ず効果は出ます。 私と一緒に「施設らしからぬ施設」目指してみませんか? 全ては、皆様の施設に入所・入居してよかった、とご利用者様、ご家族様から言っていただけるように、働くスタッフがここで働けてよかった、と胸を張って言える施設であるために・・・。